結婚式用にレンタルした振袖のマナー

結婚式に呼ばれて振袖を着て参加する場合、色は派手すぎないのがマナーです。華やかな柄や色は花嫁よりも目立つ可能性があり、主役の花嫁に失礼にあたります。

白も同様。花嫁を白無垢や白いウエディングドレスを着ますので、同じ白を着ると花嫁の白さを邪魔することになります。といったことは大抵の人はご存知ですよね。実はこれ以外にあまり知られてないマナーがあるのです。

振袖というのは、袖の裾が長くなってるデザインの着物の事を呼びます。この袖の長さにランクがあるのです。一番格式が高いのが大振袖とって115センチ程度になってるのが特徴です(身長に合わせて縫製されてるため多少長さが異なります)。花嫁が和装で登場するならこの大振袖です。

大振袖をゲストが着てはいけないことはありませんが、訪問着や礼装としてはゲスト側は控えめに中振袖にするほうが周囲の目線も気になりません。

たとえば成人式の振袖レンタルショップでお店の人にマナーを聞いてみても大丈夫です花嫁がお色直しで何色を着るのかを事前に聞いておいて、同じ色にならないようにしましょう。ゲストは花嫁よりも控えめな衣装にするのが好ましいので、新年会や成人式のような華やかな色柄ではなく、落ち着いたデザインのものを選びましょう。早めに予約すると振袖レンタル時にたくさんの着物の中から選べるので、結婚式参加の意思ができた時点ですぐにレンタル店に予約しましょう。