振袖のレンタルが頻繁に多い時期とは?

一年の中で、一番振袖を着る人が増えるのは1月です。
成人式には振袖を着て参加する女性は多いので、1月が最も多くなっています。
昔は成人式に着る振袖は、購入する女性も少なくありませんでした。
しかし、近年ではレンタルが一般的になり、当たり前になりつつあります。
そのため、振袖のレンタルが増える時期も、成人式のある1月頃です。
具体的には、成人式の1ヶ月前から当日までが、レンタルの繁忙期と言われています。
また、この期間は成人式だけでなく、お正月もある時期です。
初詣に着物を着る女性も多いので、レンタルの利用者は増えています。
そのため、1年の売上が1月の売上で決まると言われているほど、レンタル業者にとっては重要な時期なのです。
これほど利用者が増える時期なので、成人式やお正月で振袖をレンタルするつもりなら、早めに予約をしておきましょう。
特に成人式の場合は、予約が遅れると着たい振袖を着ることができなくなるので、早めに予約しておくことが大切です。
現在では成人式の1年も前から、予約を受け付ける業者も登場しています。
早めにレンタルの申し込みをしておけば、着たい振袖を着られますし、料金も割引される可能性もあるのでお得です。

レンタルした振袖に似合う髪型

華やかさがあり女性らしさをアピールできる振袖は未婚女性だけが楽しめるファッションです。赤やピンクなどの明るい色の振袖を着た女性は一人で経立ってるだけでも存在感があります。買うと金額が高いですし、維持するのが大変なので、最近はレンタルの振袖が多く利用されてます。レンタルするとヘアメイクを一緒にやってもらえることがありますので、最近はヘアメイク料金をセットで申し込んでる人が多いです。
未婚で若々しい感じを出したいなら、編み込みして上で結ったり、一部をカーラーで巻いてふんわりとした巻き髪を垂らしたりアレンジも楽しめます。アクセサリーは花や蝶などかわいらしいのを付けると雰囲気が変わりますね。なるべく着物の柄と同じようなアクセサリーをつけてコーディネートすると違和感がありません。
アクセサリーもレンタルできるお店がありますので、振袖とアクセサリーとバッグなどの小物も一緒に同じお店でレンタルできると返却も一度でできます。美容院で振袖をレンタルできるのシステムがあるなら、予約する際に和装のヘアカタログ雑誌を見せて美容師に相談し、髪の長さや髪質から髪型を選んでもらうこともできます。予約した着物に合うヘアアクセサリーも用意してもらえるので、そのアクセサリーと髪型の組み合わせも決めてしまうと当日に慌てずにスムーズに進みます。

振袖と一緒にレンタルできる小物とは?

振袖と一緒にレンタルできる小物はたくさんあります。
それは店舗が提供しているレンタルサービスのほとんどがトータルコーディネートを実施しているからです。そもそも振袖をはじめ、和服を着用する際には様々な必要最低限の小物が求められます。和服における小物の種類は長襦袢や肌着など着物の着用に不可欠なものから簪やストールなど着物姿を引き立たせるものなど幅広いですが、振袖のレンタルサービスでは自分がわざわざ用意しなくてはならない小物はありません。着物の上から腰に巻いて結ぶ帯や帯の形を崩さないように帯の上から締める帯締め、着物をもう一枚着ているように見せかける伊達衿、肌着の役割を持っている長襦袢、伝統的な日本の靴下とも言える足袋に鼻緒のデザインによって雰囲気が変わる草履、帯枕を包む帯揚げなど数多くある小物の名称や役割を知らなくても小物類一式は用意されています。
たとえ振袖と合わないデザインや色の小物だと感じて不満が募っても問題ありません。
スタッフと相談すれば店舗が取り扱っている他のレンタルできる小物と変更できますし、そもそもレンタルの際に借りる小物についての相談は利用者とスタッフの間で執り行われます。つまり完璧なコーディネートができるわけです。

レンタルできる振袖のサイズの測り方

振袖は、洋服ほどのサイズバリエーションがなく、左右の着物のあわせやおはしょりを活用することによってある程度のサイズの人を同じサイズでカバーすることができます。そのために、レンタルであってもサイズ的に違和感なく着用することができます。しかし、あまりにサイズが合わなければ着ているうちに着崩れてしまうことにもなるので美しくありません。自分に合ったサイズを探すためにも、サイズ計測が欠かせません。
ベストサイズの振袖を探すためには、着丈、裄丈、袖丈、ヒップ寸法の計測を行っておきます。首の後ろには骨が出ている分があり、ここを起点として足のくるぶしまで一直線に計測した長さが着丈となります。また、ここから肩先に出ている骨を通過して手のくるぶしまでの長さを計測したものが裄丈となり、袖丈では肩先の骨から手のくるぶしまでの長さになります。ヒップ寸法では、振袖の身幅を左右することになりますが、ヒップよりもウエストやバストの方が大きいのであれば、胴囲の中でも大きい部分に合わせて計測をします。
ただし、ふくよかな体型の人や身長が高い、腕が長いなどの特殊体型をしている人になれば、レンタルでは合わないものも多いものです。けれども、特注サイズとして用意されているものもあるので、ジャストサイズを探すためにも自分のサイズをしっかりと把握しておくことが重要です。