振袖と一緒にレンタルできる小物とは?

振袖と一緒にレンタルできる小物はたくさんあります。
それは店舗が提供しているレンタルサービスのほとんどがトータルコーディネートを実施しているからです。そもそも振袖をはじめ、和服を着用する際には様々な必要最低限の小物が求められます。和服における小物の種類は長襦袢や肌着など着物の着用に不可欠なものから簪やストールなど着物姿を引き立たせるものなど幅広いですが、振袖のレンタルサービスでは自分がわざわざ用意しなくてはならない小物はありません。着物の上から腰に巻いて結ぶ帯や帯の形を崩さないように帯の上から締める帯締め、着物をもう一枚着ているように見せかける伊達衿、肌着の役割を持っている長襦袢、伝統的な日本の靴下とも言える足袋に鼻緒のデザインによって雰囲気が変わる草履、帯枕を包む帯揚げなど数多くある小物の名称や役割を知らなくても小物類一式は用意されています。
たとえ振袖と合わないデザインや色の小物だと感じて不満が募っても問題ありません。
スタッフと相談すれば店舗が取り扱っている他のレンタルできる小物と変更できますし、そもそもレンタルの際に借りる小物についての相談は利用者とスタッフの間で執り行われます。つまり完璧なコーディネートができるわけです。