レンタルできる振袖のサイズの測り方

振袖は、洋服ほどのサイズバリエーションがなく、左右の着物のあわせやおはしょりを活用することによってある程度のサイズの人を同じサイズでカバーすることができます。そのために、レンタルであってもサイズ的に違和感なく着用することができます。しかし、あまりにサイズが合わなければ着ているうちに着崩れてしまうことにもなるので美しくありません。自分に合ったサイズを探すためにも、サイズ計測が欠かせません。
ベストサイズの振袖を探すためには、着丈、裄丈、袖丈、ヒップ寸法の計測を行っておきます。首の後ろには骨が出ている分があり、ここを起点として足のくるぶしまで一直線に計測した長さが着丈となります。また、ここから肩先に出ている骨を通過して手のくるぶしまでの長さを計測したものが裄丈となり、袖丈では肩先の骨から手のくるぶしまでの長さになります。ヒップ寸法では、振袖の身幅を左右することになりますが、ヒップよりもウエストやバストの方が大きいのであれば、胴囲の中でも大きい部分に合わせて計測をします。
ただし、ふくよかな体型の人や身長が高い、腕が長いなどの特殊体型をしている人になれば、レンタルでは合わないものも多いものです。けれども、特注サイズとして用意されているものもあるので、ジャストサイズを探すためにも自分のサイズをしっかりと把握しておくことが重要です。